メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京産大

赤外線でつかめ銀河の謎 最高精度、君の名は「ワインレッド」 南米チリで8日から観測

 京都産業大神山(こうやま)天文台(京都市北区)は、星からの赤外線を世界最高レベルの精度で分析できる装置を開発し、8日から南米・チリの天文台と協力して観測を始める。河北秀世台長(46)は「観察条件のよい南半球での観測で銀河系の成り立ちの謎を解明したい」と意気込む。

 装置は、望遠鏡で集めた赤外線を波長ごとに最大8万種にまで分けて分析できる。2010年に開発を始め、2億円以上を投じて昨年11月に完成。「ワインレッド」と名付けられた。米国やイタリアの研究機関も同様の装置を開発しているが、分析できるのは届いた赤外線の1~2割程度。ワインレッドは最大5割を活用でき、最も効率よく分析できる。

 宇宙空間は真空状態に近いが、場所によっては微小なちりやガスがあり、可視光線はさえぎられたり、地球まで届かなかったりする。一方、赤外線は透過能力が高く、地球まで到達しやすい。こうして届いた赤外線を詳細に分析すると、恒星やガスの成分、温度、動きが判明する。ワインレッドのように細かく波長を分けて分析できれば、成果も出やすいという。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです