安倍首相

辞任を「覚悟」…南スーダン、自衛隊員死傷で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相=国会内で2017年2月1日、川田雅浩撮影
安倍晋三首相=国会内で2017年2月1日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は1日の衆院予算委員会で、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されている自衛隊に死傷者が出た場合、首相辞任の覚悟を持つ必要があるとの認識を示した。「辞任する覚悟はあるか」との質問に対し、「もとより(自衛隊の)最高指揮官の立場でそういう覚悟を持たなければいけない」と述べた。

 民進党の江田憲司氏が故橋本龍太郎首相の…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文389文字)

あわせて読みたい

注目の特集