メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領

最高裁判事指名は保守派 承認で5人目に

ゴーサッチ氏、焦点の上院承認 定数9人にリベラル派は4人

 【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は1月31日、空席となっている連邦最高裁判事に、連邦巡回控訴裁(高裁)判事で保守派のニール・ゴーサッチ氏(49)を指名したと発表した。上院の承認を得て就任すれば、最高裁判事の勢力図のバランスが保守派に傾き、リベラルな方向に進んできた米社会を大きく変える可能性がある。野党・民主党は抵抗する構えで、承認を巡る激しい攻防が繰り広げられそうだ。

 「我が国が法と正義の支配を確かなものにするために、真に必要な人物だ」。トランプ氏は31日夜、ゴーサッチ氏の指名を発表すると、その能力や人格をたたえた。ゴーサッチ氏は「この偉大なる国の憲法と法の忠僕」となるよう全力を尽くすと意気込みを語った。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1174文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです