メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネット検索

サイトの「表現」重視…削除請求・最高裁決定

最高裁が検索結果の削除などを認めなかった5件

 インターネットの削除請求を巡る最高裁決定は、情報が氾濫するネット社会で検索サイトが果たしている役割と、サイトの「表現の自由」を重視する基準を示した。ただ、最高裁は公共性の低い情報の削除までは否定しておらず、どのような内容なら削除が認められるかについては事例の積み重ねが必要になりそうだ。

 検索結果の削除を認める要件については、東京地裁が2013年5月の判決で「プライバシー侵害が社会通念上、容認できないものであることが一見して明らかな場合」との厳格な基準を示している。最高裁決定は、プライバシーの保護と検索サイトの表現の自由を比較する手法を取っており、地裁の判断よりは基準を緩めたように見える。

 一方で、小法廷は「検索サイトはネット上の情報流通の基盤として大きな役割を果たしている。検索結果の削除は、サイトの表現行為だけでなく、こうした役割を制約する」と指摘。検索結果の社会的意義よりも、事実を公表されない当事者の利益が明らかに優先されるケースであれば削除が認められるとした。著作物によるプライバシー侵害と表現の自由を巡る過去の訴訟では「明らか」という要件は用いられていない。今回は表現の自由に…

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです