飯塚事件

血液型鑑定、検証せず…再審請求抗告審

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福岡県飯塚市で1992年に女児2人が殺害された「飯塚事件」で死刑を執行された久間三千年(くま・みちとし)・元死刑囚(当時70歳)の再審請求即時抗告審の3者協議が1日、福岡高裁であり、岡田信裁判長は警察庁科学警察研究所(科警研)の技官が実施した血液型鑑定の手法について検証しない判断を示した。

 事件では、被害女児2人の体内などから複…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文374文字)

あわせて読みたい

注目の特集