メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京産大

銀河の謎、赤外線でつかめ…世界最高精度観測装置

京都産業大神山天文台が開発した赤外線の分析装置、ワインレッド=同天文台提供

南米チリで8日から観測

 京都産業大神山(こうやま)天文台(京都市北区)は、星からの赤外線を世界最高レベルの精度で分析できる装置を開発し、8日から南米・チリの天文台と協力して観測を始める。河北秀世台長(46)は「観察条件のよい南半球での観測で銀河系の成り立ちの謎を解明したい」と意気込む。

 装置は、望遠鏡で集めた赤外線を波長ごとに最大8万種にまで分けて分析できる。2010年に開発を始め、2億円以上を投じて昨年11月に完成。「ワインレッド」と名付けられた。米国やイタリアの研究機関も同様の装置を開発しているが、分析できるのは届いた赤外線の1~2割程度。ワインレッドは最大5割を活用でき、最も効率よく分析できる。

 宇宙空間は真空状態に近いが、場所によっては微小なちりやガスがあり、可視光線はさえぎられたり、地球ま…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文762文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

  5. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです