連載

丹下日出夫のズバッと

井崎脩五郎さんの弟子である競馬評論家・丹下日出夫さんによる予想。

連載一覧

丹下日出夫のズバッと

東京11R・初音S (土曜競馬)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

末脚強、力ミエノサクシード

 東京1800メートルに舞台が変わればミエノサクシードの一変が期待できる。前走の秋華賞は京都の内回り2000メートル戦。四つのコーナーを回るたびにリズムを崩していた。直線もいつもの伸びを欠いて8着に終わったものの、初の重賞戦がG1で0秒7差なら悲観すべき内容ではない。昨秋、外回りの阪神1800メートルで2連勝した上がり馬で、特に3走前はマイル通過1分34秒1という平均ペースを中団からマクって上がり33秒5で圧勝。勝ち時計1分45秒7というタイムもG2ローズSの例年の優勝タイムに匹敵する記録だった。コーナー…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文672文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集