メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャープ

9四半期ぶり最終黒字 10~12月期42億円

買収契約締結後、握手する台湾の鴻海精密工業の郭台銘会長(中央)、戴正呉副総裁(左)とシャープの高橋興三社長=堺市堺区で2016年4月2日、三浦博之撮影

 経営再建中のシャープは3日、2017年3月期の連結業績予想を上方修正した。本業のもうけを示す営業利益が従来予想の257億円から373億円に上振れする。昨年8月に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下に入り、主力の液晶事業などでコスト削減が進んだため。16年10~12月期連結決算では、9四半期ぶりに最終黒字42億円を確保した。

 17年3月期の売上高予想は、2兆円から2兆500億円に上方修正し、最終(当期)損益の赤字幅は418億円から372億円に縮小する。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  4. プロ野球・阪神、福留を戦力外の方針 球界最年長43歳

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです