メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堺・男児虐待死 養父に懲役9年判決…大阪地裁支部

 堺市堺区の自宅で2015年6月、当時3歳の長男を浴槽に沈めて死亡させたとして、傷害致死や監禁などの罪に問われた養父の派遣社員、常峰渉(つねみね・わたる)被告(33)の裁判員裁判で、大阪地裁堺支部は3日、懲役9年(求刑・懲役13年)の判決を言い渡した。

 判決によると、常峰被告は妻美香被告(23)=同罪などで起訴=と共謀し、15年6月14日夜から15日未明、浴室で長男英智(えいち)ちゃんの頭を水に沈めるなどの暴行を加え、低酸素虚血性脳症で死亡させた。

 判決で武田義徳裁判長は「本来、長男を守るべき立場の被告がストレスのはけ口として虐待を繰り返し、エスカレートさせたもので厳しい非難に値する」と指摘。「幼く抵抗ができない長男に対し、謝っているのに頭を複数回水に沈めた犯行は相当に危険で残酷」としながら、情状について「反省しており、被告の母親が被告の今後を見守ることを考慮した」と述べた。【椋田佳代、遠藤浩二】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 白鵬への態度で激高か 貴ノ岩スマホを操作
  2. 座間9遺体 「数やってるから死刑」逮捕前、知人女性に
  3. 座間9遺体 「ここにいます」クーラーボックス指さし
  4. 座間9遺体 「金目当て」動機に疑問 若い女性説明つかず
  5. 座間9遺体 孤独感つけ込まれ 容疑者と交流の女性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]