メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡県教委

相談受けた生徒名、指導主事が中学側に漏らす

 福岡県教委は3日、同県八女地区の女子中学生の保護者から匿名を条件に「部活動顧問の指導が行き過ぎている」と相談を受けた県教委体育スポーツ健康課の40代の男性指導主事が、学校側に実名を漏らしていたことを明らかにした。県教委は指導主事を厳重注意し、保護者に謝罪した。

 県教委によると、保護者が指導主事に相談したのは昨年12月中旬。女子生徒が所属す…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです