過酷労働

比介護職員に悪質契約…施設側謝罪し和解

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国内の外国人労働者(技能実習生を含む)の推移
国内の外国人労働者(技能実習生を含む)の推移

 介護施設で過酷な勤務を強いられたとして、職員だったフィリピン人の女性ら10人が施設の運営会社(東大阪市)に計約4100万円の賠償を求めた集団訴訟が3日、大阪地裁(菊井一夫裁判長)で和解した。会社側は女性らとの雇用契約の際、死亡しても会社の責任を永久に問わないとする誓約書に署名させた。和解は会社側が過酷労働や不適切な契約実態を認め、全面的に謝罪する内容。女性らには総額約1000万円の解決金を支払うとみられる。【向畑泰司】

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1647文字)

あわせて読みたい

注目の特集