君の名は。

「聖地の酒」詰め替え用も 飛騨の造り酒屋

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
聖地の酒の詰め替え用を手にする井之口晴稀さん(右)と、巫女ラベルを持つ下梶谷歩夢さん=岐阜県飛騨市古川町で2017年1月25日午前11時23分、中村宰和撮影
聖地の酒の詰め替え用を手にする井之口晴稀さん(右)と、巫女ラベルを持つ下梶谷歩夢さん=岐阜県飛騨市古川町で2017年1月25日午前11時23分、中村宰和撮影

 映画「君の名は。」の舞台のモデルになった岐阜県飛騨市にある造り酒屋「渡辺酒造店」が、映画にちなんだ新商品の純米吟醸酒「蓬莱 聖地の酒」の人気を受け、新たに聖地の酒の詰め替え用と巫女(みこ)ラベルを発売した。

 聖地の酒は、新入社員の井之口晴稀さん(19)と下梶谷歩夢さん(19)が「聖地巡礼に来た人に楽しんでほしい」と、映画にちなんだ酒の販売を思いついた。「瓶子(へいし)」と呼ばれる容器に入り、2016年11月2日に発売すると、1日だけで1200本の注文が入って一時品切…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

あわせて読みたい

注目の特集