メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小野薬品

業績予想上方修正 オプジーボ訴訟和解で一時金

 小野薬品工業は2日、2017年3月期連結決算の業績予想を上方修正し、営業利益を昨年12月時点の540億円から685億円に、最終(当期)利益を418億円から523億円に引き上げた。新型がん治療薬「オプジーボ」の特許侵害訴訟で米製薬大手メルクと1月に和解し、一時金を受け取るため。いずれも過去最高益。

 オプジーボの薬価50%引き下げに伴い、…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  5. 3歳衰弱死 逮捕の母、おむつ替えて119番か 8日間放置を隠蔽の可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです