札幌冬みちガイド

雪道転倒防げ…英・中・韓国語でパンフ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウインターライフ推進協議会が作製した国内外の観光客向けの「札幌冬みちガイド」=酒井祥宏撮影
ウインターライフ推進協議会が作製した国内外の観光客向けの「札幌冬みちガイド」=酒井祥宏撮影

外国人観光客用に作製 新千歳空港などで無料配布

 雪道の経験がない外国人観光客の転倒事故を防ごうと、道内企業・団体などでつくる「ウインターライフ推進協議会」(札幌市)は歩き方を指南する英語、中国語、韓国語のパンフレット「札幌冬みちガイド」を初めて作製した。新千歳空港国際線ターミナルや札幌市内のホテルなどで無料配布している。

 北海道の冬は中国や台湾、東南アジアなどで人気があり、銀世界を体験しようと多くの観光客が訪れる。特に札幌市では6日に大通公園などで雪まつりが始まり、19日には冬季アジア札幌大会が開幕して外国人来訪者が増えると予想される。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文615文字)

あわせて読みたい

注目の特集