メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
東京マタハラ訴訟

「妊娠中に合意なき退職は無効」

地裁立川支部判決 未払い賃金など250万円支払いも命令

 妊娠中に合意がないまま退職扱いされたのは不当として、東京都多摩市の建築測量会社に勤務していた女性(31)が地位確認を求めた訴訟で、東京地裁立川支部は女性の請求を認める判決を言い渡した。原告代理人によると、妊娠した女性労働者を巡り、最高裁は2014年に男女雇用機会均等法に照らし「本人の承諾がない降格は不当」との初判断を示したが、退職を無効とする判決は初めてという。判決は1月31日付。

 判決などによると、女性は建築測量会社に勤務していた15年1月に妊娠が分かり、上司に相談すると「工事現場での勤務は困難」として関連の派遣会社で働くよう指示され登録した。しかし、女性は長時間通勤で体調を崩し、自宅近くの職場への変更を希望。会社側は無視し、6月に「退職扱いになっている」と伝えた。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです