メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JASRAC

著作権料、音楽教室からも徴収 18年から

ヤマハ音楽振興会など教室側は反発

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は2日、ピアノなどの音楽教室の演奏について、来年1月から著作権料を徴収する方針を発表した。JASRACによると、全国約1万1000カ所と推定される教室のうち、当初の対象はヤマハ音楽振興会など大手の約9000カ所。教室側は反発している。

 著作権法は、不特定多数に聴かせる目的で演奏する権利「演奏権」を、作曲家などの著作権者が専有すると定めている。JASRACは演奏権の管理強化を進め、楽器演奏などを指導するカルチャーセンターからはすでに徴収している。さらに音楽教室も対象とすることについて、大橋健三常務理事は「営利目的ではない、といった例外には当たらない」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです