JASRAC

著作権料、音楽教室からも徴収 18年から

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

ヤマハ音楽振興会など教室側は反発

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は2日、ピアノなどの音楽教室の演奏について、来年1月から著作権料を徴収する方針を発表した。JASRACによると、全国約1万1000カ所と推定される教室のうち、当初の対象はヤマハ音楽振興会など大手の約9000カ所。教室側は反発している。

 著作権法は、不特定多数に聴かせる目的で演奏する権利「演奏権」を、作曲家などの著作権者が専有すると定めている。JASRACは演奏権の管理強化を進め、楽器演奏などを指導するカルチャーセンターからはすでに徴収している。さらに音楽教室も対象とすることについて、大橋健三常務理事は「営利目的ではない、といった例外には当たらない」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文579文字)

あわせて読みたい

ニュース特集