メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MX番組問題

東京新聞謝罪に「本人の釈明もない」の声

 沖縄の米軍基地反対運動を扱った東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の番組に「事実関係の誤りがある」と批判が出た問題で、東京新聞(中日新聞東京本社)は2日朝刊で「責任と反省を深く感じている」とする異例の謝罪記事を掲載した。番組の司会を同社の長谷川幸洋・論説副主幹が務めていた。識者からは「当事者の長谷川氏の認識が書いていない」と注文がついた。

 記事は長谷川氏の上司、深田実論説主幹が執筆。番組を「事実に基づかない論評が含まれ到底同意できるものではない」と批判し、長谷川氏の出演を「重く受け止め、対処する」とした。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです