メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
プロ野球

飛躍の2年目へ オリックス・吉田正尚外野手

 まるでプラスチック製のおもちゃのように軽々とバットを振り回す。オリックス・吉田正はキャンプ2日目にして、鋭いライナーからフェンス直撃の長打まで広角に打ち分けた。初日は「手に感覚をなじませたい」と素手で打撃ケージに向かい、合間には約500グラムの金属製の重りを付けたバットでフルスイング。173センチ、87キロのがっしりした体格からパワーがみなぎる。「どんなコースでもベストなスイングができるように」と体の軸を意…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです