メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

東京11R・東京新聞杯/京都11R・きさらぎ賞 (日曜競馬)

連勝期待、エアスピネル

 【東京新聞杯】エアスピネルの春の目標は安田記念。しかしG1制覇の道を確かなものとするにはまだいくつか宿題がある。

 昨年のクラシック3冠で4、4、3着と善戦したが、最も内容が濃かったのは2歳時のデイリー杯2歳S優勝と朝日杯フューチュリティS2着だった。マイラーとして出直すべく今年初戦に京都金杯をチョイス。ただ勝つには勝ったが、3000メートルから一気に距離を短縮したことで折り合いを欠き、鼻差の辛勝だった。安田記念と同じ東京1600メートルの舞台で、鞍上(あんじょう)との意思疎通や戦法を確かなものにしておきたい。

 対抗は京都金杯で本命馬に肉薄したブラックスピネル。最内枠からのスタートで、道中脚をため追い出しのタイミングもドンピシャだった。栗東の坂路調教で49秒8の一番時計をマーク。末脚と勢いは魅力だ。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです