iPS細胞

他人の細胞、脳に移植 パーキンソン病治験へ 京大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 神経難病のパーキンソン病について、2018年度中を目標にiPS細胞(人工多能性幹細胞)での治験を行う方針を、京都大iPS細胞研究所の高橋淳教授(神経再生学)が3日、明らかにした。患者以外の他人のiPS細胞から神経細胞になる前の細胞を作り、患者の脳に移植する。

 パーキンソン病は手足の震えや筋肉のこわ張りなどの症状が出る。国内の患者は約16万人。脳内…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

あわせて読みたい

注目の特集