メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マティス米国防長官

尖閣に日米安保適用 首相と会談で明言

会談前に握手をするマティス米国防長官(左)と安倍晋三首相=首相官邸で3日午後5時38分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は3日、トランプ米政権の閣僚として初めて来日したマティス国防長官と首相官邸で約50分間会談した。マティス氏は、沖縄県・尖閣諸島が米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲だと明言。両氏は、アジア太平洋地域の安定のために日米同盟を強化していく方針でも一致した。(2、3面にクローズアップ、5面に会談要旨)

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです