メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点へ・WBC侍たちの春

ロッテ・石川、公認球に手応え

 ロッテ・石川の表情に明るさが戻った。「だいぶ、よくなった。全体的にフォームがよかった」と言葉も弾む。直球は小気味よく伸び、カーブはしっかり指にかかった。最後に1球だけ試したシンカーも、納得できる軌道を描いた。日本のボールよりも滑りやすいWBC公認球への対応に苦心したが、やっと確かな手応えを得た。

 昨年秋の侍ジャパンの強化試合、オランダとの第1戦に先発したが、ストライクが入らず、球数が増え、4回3失点で降板した。

 昨季のパ・リーグで防御率トップ、勝ち星は2位と安定感抜群だった右腕も自信をなくしかけた。暮れに発表されたWBCに出場する一部メンバーの中に名前はなかった。WBCとは縁がない、と思っていたら、1月の追加メンバー発表で選ばれ、再びボールとの格闘が始まった。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです