メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「遠くからでもわざわざ来てくれる店にしたかった」。福岡市東区の箱崎九大前駅近くにある「ひろしまお好み焼 いしや」。店主の石田雅弘さん(35)が言う通り、開店から7年たちなじみの客も増えた。壁にはプロ野球選手らのサインやユニホームが並ぶ。選手たちの中には単なる客ではなく、旧友もいる。石田さんはかつて米大リーグのマイナーリーグの選手だった。

 兄の影響で小学1年生から野球を始め、沖学園高校(福岡市)で捕手として地区大会準優勝などに貢献。大学で頭角を現し九州六大学の選抜チームに選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです