メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小学校

英語授業3分刻みで達成感 教研集会で紹介 

英語の短時間学習について報告する松倉教諭(左端)=新潟市で2017年2月3日

 新潟市で3日から開催している日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会の分科会で、小学校の英語に15分の短時間学習を取り入れた実例が報告された。2020年度から順次実施される次期学習指導要領で英語は小学校5、6年で正式教科になることから、分科会では授業方法や効果について教員から質問が相次いだ。

 現在、小学校の英語は5、6年生で楽しみながら学ぶ「外国語活動」として週1時間(単位時間45分)が設定されている。正式教科化に伴い5、6年は週2時間に増え、「外国語活動」は3、4年生に前倒しする。3年から6年は授業が週1時間増えることになるが、今も高学年は平日6時間の授業がほぼ埋まっている。このため中央教育審議会(中教審)は45分を分割した短時間学習などを提案。授業法が注目されている。

 短時間学習を報告したのは長野県北相木村立北相木小の松倉邦幸教諭(37)。学校独自に研究を進め、昨年4月から週2回、休み時間後の15分を利用した授業を始めた。教科化で求められる「書く」「読む」の2技能に慣れ親しむことを目標に、15分を3分ずつ(1)英単語を読む(2)英単語を書く(3)英文を読む(4)英文を書く(5)洋楽を歌う--の五つのパートに分けた授業とした。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです