メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
田中マルクス闘莉王

帰国し引退一転 J2京都が口説く

チーム始動日にランニングをする闘莉王=丹下友紀子撮影

闘将の気迫に期待「J1昇格のため帰ってきた」

 闘志むき出しのプレースタイルでサッカー日本代表でも活躍したDF田中マルクス闘莉王(35)が、今季からJ2京都でプレーする。名古屋退団後は母国ブラジルに帰国し引退も考えたというが、京都からの熱烈なオファーに、「本気で頑張ろうと改めて感じさせてくれた」。J2が7年目となるチームに化学変化を起こしそうだ。

 闘莉王は昨年、J1残留争いをする古巣・名古屋の要請を受けて、シーズン終盤の残り7試合という異例の契…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文633文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです