メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中マルクス闘莉王

帰国し引退一転 J2京都が口説く

チーム始動日にランニングをする闘莉王=丹下友紀子撮影

闘将の気迫に期待「J1昇格のため帰ってきた」

 闘志むき出しのプレースタイルでサッカー日本代表でも活躍したDF田中マルクス闘莉王(35)が、今季からJ2京都でプレーする。名古屋退団後は母国ブラジルに帰国し引退も考えたというが、京都からの熱烈なオファーに、「本気で頑張ろうと改めて感じさせてくれた」。J2が7年目となるチームに化学変化を起こしそうだ。

 闘莉王は昨年、J1残留争いをする古巣・名古屋の要請を受けて、シーズン終盤の残り7試合という異例の契…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文633文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです