メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型インフル

「アビガン錠」備蓄へ 現在の4薬に加え

 新型インフルエンザ対策を検討していた厚生労働省の作業班は3日、抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」を備蓄する方針を決めた。現在もタミフルなど4薬を備蓄しているが、耐性のあるウイルス流行に備えて異なるタイプの薬を追加する。妊婦が服用すると胎児が奇形になる恐れがあるため、極めて限定的に使用を認める。

 現在備蓄しているのはタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタの4種、計5650万人分。いずれも作用の仕組みが同じで、4薬すべてに耐性のあるウイルスが流行すると対応できないことが課題になっていた。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです