新型インフル

「アビガン錠」備蓄へ 現在の4薬に加え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型インフルエンザ対策を検討していた厚生労働省の作業班は3日、抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」を備蓄する方針を決めた。現在もタミフルなど4薬を備蓄しているが、耐性のあるウイルス流行に備えて異なるタイプの薬を追加する。妊婦が服用すると胎児が奇形になる恐れがあるため、極めて限定的に使用を認める。

 現在備蓄しているのはタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタの4種、計5650万人分。いずれも作用の仕組みが同じで、4薬すべてに耐性のあるウイルスが流行すると対応できないことが課題になっていた。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文444文字)

あわせて読みたい

注目の特集