メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
WBC

公認球に手応え 石川に明るさ戻る

 ロッテ・石川の表情に明るさが戻った。「だいぶ、よくなった。全体的にフォームがよかった」と言葉も弾む。直球は小気味よく伸び、カーブはしっかり指にかかった。最後に1球だけ試したシンカーも、納得できる軌道を描いた。日本のボールよりも滑りやすいWBC公認球への対応に苦心したが、やっと確かな手応えを得た。

 昨年秋の侍ジャパンの強化試合、オランダとの第1戦に先発したが、ストライクが入らず、球数が増え、4回3失点で降板した。

 昨季のパ・リーグで防御率トップ、勝ち星は2位と安定感抜群だった右腕も自信をなくしかけた。暮れに発表…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文532文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです