メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛高音頭

65年ぶり復活 OBから「もう一度聞きたい」 楽譜や振り付け資料基に、音楽コース生が上演 愛荘 /滋賀

65年ぶりに復活した「愛高音頭」を歌い、踊る愛知高生=滋賀県愛荘町愛知川で、西村浩一撮影

 愛知高校音楽コースの第21回定期演奏会が4日、愛荘町愛知川の愛知川公民館で開かれ、終戦後に同校の教師や生徒たちが作った「愛高音頭」が約65年ぶりに復活、上演された。当時生徒だった卒業生も会場を訪れ、「高校時代が目の前に浮かんだ。ありがたい」と、昔日へ思いをはせた。【西村浩一】

 復活のきっかけは昨年10月に届いた1通の手紙だった。差出人は、1951年に卒業し、現在は兵庫県宝塚市に住む野村純一さん(84)。昨年、大阪で開いた同窓会で「愛高音頭」の思い出話で盛り上がった。もう一度聞けないかという思いを手紙にしたため、当時の楽譜付きの歌詞を添えて同校に送っ…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです