メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

昔、地中の人が地上で袋に入れた蜂をもらい…

 昔、地中の人が地上で袋に入れた蜂をもらい、戻ってから袋を開けた。皆が蜂にさされたため、怒った地中の人が柱を揺り動かし、地上の家屋はことごとく倒れた。台湾の先住民、アミ族に伝わる話だ▲台湾は日本と並ぶ地震多発地域だ。他の先住民にも「地中の大きな山猿が時々、体を震わせる」などの言い伝えがある。1年前の2月6日には台南市の地震でビルが倒壊し、100人以上が亡くなった▲国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)で開催中の「台湾と日本-震災史とともにたどる近現代-」展では、日本統治時代から昨年の地震までの被害や復興の記録を紹介している。先住民の伝説は日本統治時代に収集された。共催の台湾歴史博物館(台南市)が多くの資料を提供している▲最悪の被害が出たのは1935年4月に新竹、台中地区を襲った地震だ。3000人以上が亡くなり、数多くの家屋や学校などが倒壊した。両地区の中間にある苗栗(びょうりつ)県の「竜騰(りゅうとう)断橋」は当時崩壊した鉄道のレンガ製アーチ橋の遺構だ。99年9月に2400人以上の死者を出した「921大地震」でさらに一部が崩れ、政府から震災遺構に指定された▲東日本大震災の際には、その台湾から多くの義援金が寄せられた。共に甚大な地震被害を経験していることが相手への思いやりにつながっているのではないか▲先月、来日した頼清徳(らいせいとく)台南市長は昨年の地震で日本は何が必要かを把握した上でニーズに応じた援助をしてくれたと感謝していた。6月からは台湾で日本の震災を中心とした展示が行われる。歴史や教訓も共有し、いっそうの交流につなげたい。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
    2. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
    3. 特殊詐欺防止 4人に感謝状 磯子署 /神奈川
    4. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
    5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです