メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

173万台 2016年の自動車の対米輸出台数 主流は米での現地生産

対米自動車輸出と日本メーカーの米国生産の推移

 トランプ米大統領が、日本との自動車貿易を「公正ではない」とやり玉に挙げている。1月23日の米自動車大手3社との会合で、「日本は米国車の販売を不可能にするような措置をとっているのに、(米国向けに)大きな船に数十万台も車を積んできて売りつける」と批判した。

 実際の日米自動車貿易はどうか。日本自動車工業会のまとめでは、日本の対米輸出台数(乗用車のみ)は2016年に173万5480台。実はピーク時の1986年の343万4162台から半減している。

 その背景には、自動車摩擦が激しさを増した80年代から、日本メーカーが現地生産を進めたことがある。日本メーカーの米国での生産台数は85年の29万台から15年には384万台へと13倍以上に拡大。その過程の93年に、米国生産台数が対米輸出台数を初めて上回った。日本の自動車関連の雇用者数は今や約150万人に上る。特に米国生産が多いトヨタ自動車は、16年に138万2000台を生産し前年比3・4%増と過去最…

この記事は有料記事です。

残り1189文字(全文1611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  5. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです