メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

花王 アタック 汚れを「攻撃」開発に10年

 4月で発売から30周年を迎える花王のロングセラー洗剤「アタック」。コンパクト化など当時としては画期的な技術を詰め込んだ。開発は極秘に進められ、期間は10年に及んだ。

 従来の洗剤は1箱4キロ超が主流だったが、買い物をして持ち帰りづらい欠点があった。このため粉末の粒の中にあった空気を除いて小型化を図り、重さは1箱1・5キロとした。1回の使用量も計量スプーン1杯(25グラム)まで少なくし、持ちやすいようつり手を付けた。繊維に入り込んだ汚れを引き出す活性酵素も導入。この酵素を産出する菌を…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです