メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『「軍事研究」の戦後史 科学者はどう向きあってきたか』=杉山滋郎・著

 (ミネルヴァ書房・3240円)

 科学者が軍事研究をしてよいのかどうかが、いま問われている。科学者の代表機関・日本学術会議は昨年、軍事研究を否定した声明を半世紀ぶりに見直す検討を始めたが、軍事研究の定義などを巡り、推進派と反対派の議論はかみ合っていない。

 本書は科学史家である著者が国内外で積み重ねられてきた軍事研究に関する論争の要点を丁寧に追い、入り組んだ議論の出口を探る試みだ。

 「自衛のためなら軍事研究ではない」「いや、軍事組織から資金を得れば軍事研究だ」。こうした最近の論点…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文501文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです