メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『不時着する流星たち』 著者・小川洋子さん

 (KADOKAWA・1620円)

名もなき人々の心の「穴」描く 著者・小川洋子(おがわ・ようこ)さん

 世界の片隅で、小さな声で生きる人々の心の「穴」を描き出していると言えようか。空白が書かれている。ドーナツの真ん中のごとく。「気の短い人が読めばイライラするかもしれませんね。でも、空白にも匂いや触覚が歴然としてあります」。10編から成る短編小説集である。

 「カタツムリの結婚式」は、8歳か9歳くらいの「私」が「同志」を見いだす物語。国際空港の出発ロビーの…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1010文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです