メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点へ・WBC侍たちの春

楽天・松井裕、重圧はねかえす覚悟

WBC本番に似せたマウンドでフォームを確認しながらタオルを使ってシャドーピッチングする松井裕=2017年2月4日、荻野公一撮影

 苦い経験が頭をよぎる。一昨年秋の国際大会「プレミア12」の準決勝で逆転負けした韓国戦。九回、2点リードの無死満塁の場面で登板した楽天の松井裕は、押し出し四球で救援に失敗。WBCでも抑えを担うが「不安はあるか」との問いに苦笑いを浮かべた後、「プレミアで失敗しているので取り返す立場。向かっていくだけ」と言い切った。

 WBC公認球に慣れようと自主トレーニングから使ってきた。キャンプではキャッチボールもWBCで先発の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです