メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防犯用名札

不審者から名前かくれんぼ 遠いと読めない ママ開発 愛知

近づくと文字がはっきり読める名札=愛知県岡崎市矢作町で、太田敦子撮影

 「子どもを不審者から守りたい」。そんな親の願いが新商品を生み出した。愛知県岡崎市の町工場で働くママたちが開発した防犯用名札「お名前かくれんぼ」。離れると名前の文字を判別しにくくなるのが特徴で、不審者の声かけを防ぐのが狙い。新年度を前に家庭や学校に販路を広げたい考えだ。

 開発したのは自動車部品メーカー「飯田樹脂」(同市矢作町)の女性社員3人。いずれも保育園児から小学生までの子育て中。発案のきっかけとなったのは昨年3月、埼玉県で誘拐された女子中学生が2年ぶりに保護された事件…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS B’z松本孝弘の愛用ギター、SNS情報提供で無事発見 20年ぶり本人の元へ
  2. ことば 健康保険組合
  3. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  4. 人材派遣健保 解散検討 最大の48万人協会移行
  5. 全国のコープ 生協健保組合が解散検討 16万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]