メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防犯用名札

不審者から名前かくれんぼ 遠いと読めない ママ開発 愛知

近づくと文字がはっきり読める名札=愛知県岡崎市矢作町で、太田敦子撮影

 「子どもを不審者から守りたい」。そんな親の願いが新商品を生み出した。愛知県岡崎市の町工場で働くママたちが開発した防犯用名札「お名前かくれんぼ」。離れると名前の文字を判別しにくくなるのが特徴で、不審者の声かけを防ぐのが狙い。新年度を前に家庭や学校に販路を広げたい考えだ。

 開発したのは自動車部品メーカー「飯田樹脂」(同市矢作町)の女性社員3人。いずれも保育園児から小学生までの子育て中。発案のきっかけとなったのは昨年3月、埼玉県で誘拐された女子中学生が2年ぶりに保護された事件…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  5. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです