メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
鳥インフル

佐賀で陽性反応 江北の養鶏場

殺処分の作業準備を進める県職員ら=佐賀県江北町山口のB&G海洋センターで2017年2月4日午後7時13分、関東晋慈撮影

 佐賀県は4日、同県江北町上小田の養鶏場の鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査を進めており、同日中にも結果が判明する見込み。高病原性鳥インフルエンザと確定すれば、この農家が近くで経営する別の農場も含め、飼育する計約6万9000羽を殺処分する。

 県によると、農場で10棟ある鶏舎のうち1棟で4日、40羽が死んだ。2日の8羽、3日の4羽から急増し、農家が4日午前10時に県西部家畜保健衛生所に通報した。…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 県戦没者追悼式 平和、次世代に 水戸 /茨城

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです