鳥インフル

佐賀で陽性反応 江北の養鶏場

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
殺処分の作業準備を進める県職員ら=佐賀県江北町山口のB&G海洋センターで2017年2月4日午後7時13分、関東晋慈撮影
殺処分の作業準備を進める県職員ら=佐賀県江北町山口のB&G海洋センターで2017年2月4日午後7時13分、関東晋慈撮影

 佐賀県は4日、同県江北町上小田の養鶏場の鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査を進めており、同日中にも結果が判明する見込み。高病原性鳥インフルエンザと確定すれば、この農家が近くで経営する別の農場も含め、飼育する計約6万9000羽を殺処分する。

 県によると、農場で10棟ある鶏舎のうち1棟で4日、40羽が死んだ。2日の8羽、3日の4羽から急増し、農家が4日午前10時に県西部家畜保健衛生所に通報した。…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

あわせて読みたい

ニュース特集