メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

佐賀で殺処分開始 江北の養鶏場6.9万羽

バスに乗り込み、殺処分に向かう佐賀県職員ら=佐賀県江北町山口のB&G海洋センターで2017年2月4日、関東晋慈撮影

 佐賀県は4日、同県江北町上小田の養鶏場の鶏から遺伝子検査で、H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。県は家畜伝染病予防法に基づき、この農家が近くで経営する別の農場も含め、飼育する計約6万9000羽の殺処分を始めた。九州農政局や県によると、国内の家畜の感染は今季10例目で、九州では熊本県、宮崎県(2例)に続き4例目。

 佐賀県によると、農場の10棟の鶏舎のうち1棟で4日までの3日間で52羽が死に、農家が4日に県西部家…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです