メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
特集ワイド

都議会の「カネとプライド」 日本一の報酬・政務活動費、肖像画…小池知事対抗勢力の実情

コラージュ・菅野庸平

 小池百合子東京都知事のパワーが、就任から半年たっても衰えない。高い支持を維持する原動力は、対抗する勢力と戦う姿だ。にらまれた都議会には、確かに都民に理解されそうもない、さまざまな規則や慣習があるようで……。その実情に迫った。【田村彰子】

 「小池知事の活躍で、改めて都議会に興味を持った都民らは多いはずです。そこに驚くような実態があることを知ったでしょう。その意味で、小池さんの果たした役割は大きい」

 地方自治に詳しい千葉大名誉教授の新藤宗幸さんは、就任から半年間に合格点を付けた。

この記事は有料記事です。

残り2347文字(全文2588文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. 国民・大野参院議員 埼玉県知事選出馬へ 離党し無所属で

  5. 上田知事「埼玉県は強い」 「翔んで埼玉」出演陣が「ディスりを謝罪」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです