メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「セシウム99%除去」参考人批判 国と隔たり「焼却慎重に」 県議会委 /宮城

 東京電力福島第1原発事故による放射能汚染廃棄物の処理を巡り、県議会環境生活農林水産委員会は5日、岩手県宮古市の岩見億丈医師を参考人として招き、焼却時に放射性セシウム除去に使われる「バグフィルター(BF)」の効果について研究結果を聞いた。岩見氏は、先に同委員会で説明された国側の見解に疑問を提起。出席した自民党議員らから、県が目指す一斉焼却について慎重な対応を求める意見が出た。

 同委員会では1月、国立環境研究所の大迫政浩資源循環・廃棄物研究センター長が、放射性セシウムは焼却後急速に冷却されて「固体」となり、BFの除去効果を「99・9%」と説明した。これに対し、岩見氏は同県遠野市での汚染廃棄物焼却前後のセシウムの総量の比較などから「3割前後漏出した」と指摘。気体状でBFを通過する可能性などを示した。

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです