メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

集う@あいち

あいち防災リーダー会 災害に備え普段から 身近な物生かし工夫重ねる /愛知

 「身近なものが災害時に役に立つんですよ」

 1月末、名古屋大学(名古屋市千種区)に集まった40~70代の男女32人の前で、あいち防災リーダー会の啓発本部長、早川澄男さん(72)は、はさみを使ってスーパーのレジ袋で三角巾を作る方法を実演した。参加者たちは「なるほどねえ」と感心の声を上げながら、早川さんの話に耳を傾けていた。

 リーダー会は2003年4月に結成された。地域の防災力を高めようと、県が開催した防災講座の受講生有志でつくった。現在は県内を6地区のブロックに分け、それぞれが活動を行っている。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです