連載

現場報告・トランプと世界

「トランプ米大統領」誕生の背景やその影響を現場から報告する。

連載一覧

現場報告・トランプと世界

メキシコ 不法入国案内人(その2止) 夢抱きトンネルへ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「金網の向こうは米国だ」。米国を指さすコヨーテのゴンサロ・スニエガさん=メキシコ北部シウダフアレス郊外で2017年1月30日、國枝すみれ撮影
「金網の向こうは米国だ」。米国を指さすコヨーテのゴンサロ・スニエガさん=メキシコ北部シウダフアレス郊外で2017年1月30日、國枝すみれ撮影

 

貧困にあえぎ 危険顧みず

 メキシコから米国に渡る主要な国境通行橋には、監視カメラが何台も設置されている。警備は万全だ。だが郊外に行くと、フェンスも低くなる。このため米側の国境警備隊は、国境沿いを古タイヤを引きずって走行し、砂地を平らにならす。不法移民の足跡が残れば、追跡しやすくなるからだ。

 「米国の警備隊は今ごろ、昼寝しているさ」。不法移民の案内役「コヨーテ」のスニエガさん(36)が軽口をたたいた瞬間、フェンス越しの米側で警備隊の車が向きを変え、土ぼこりを上げ速度を上げた。不法入国者を発見したのだ。

 スニエガさんはコヨーテの中で、まだ良心的な部類だ。米国内の大都市まで連れて行くと約束し、3000~6000ドルもの大金を受け取りながら逃げ去る者や、道中で強盗にひょう変する者もいる。

この記事は有料記事です。

残り1583文字(全文1929文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集