メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

引きこもり 誰にでもありうる=お笑いコンビ・髭男爵 山田ルイ53世さん

お笑いコンビ・髭男爵(ひげだんしゃく) 山田(やまだ)ルイ53世(せい)さん

 小学生の時は成績が良くて、サッカーチームでもレギュラーでした。そつなく何でもできて、クラスの中心のような感じで。6年生の時、休み時間に1人だけ教室に残って勉強する同級生がいて「何してんの」って聞いたら「中学受験するんや」と。みんな公立中に進学するもんやと思ってたから「格好ええやん」って。安易な動機で夏休みから受験勉強を始めて、私立の進学校に合格しました。

 中学へは片道2時間。冬は暗いうちに起きて、泣きたい気持ちで満員電車に乗ってました。放課後は部活やって、家では宿題やって。間違えておかんの肌着の上にシャツを着て登校したこともありました。よく見るとうっすら肌着が透けて、なんか生春巻きみたいやなって(笑い)。肌着を間違えるぐらい眠かったんです。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もっと受け入れろ」と苦情も コロナ患者受け入れホテルはいま

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです