連載

詩歌の森へ

文芸ジャーナリスト・酒井佐忠さんの「詩」に関するコラム。

連載一覧

詩歌の森へ

夫婦愛の「門」30年=酒井佐忠

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 俳句はある意味で友愛に満ちた詩型だと思う。句をつくるのはもちろん一人。言葉を生み出す行為はたとえようのない厳しさを伴う。だが、師をはじめ多くの句友の温かい心に包まれて俳人は生きている。決して孤立はしていない。俳誌「門」の創刊30周年記念号を読んで強くそう思った。

 <白刃の中ゆく涼気一誌持つ>。30年前、「門」を創刊した鈴木鷹夫はそう詠んだ。代表的戦後俳人の能村登四郎に師事した鷹夫だが、当時、俳壇で「一誌持つ」(=主宰になる)ことは、「白刃の中ゆく」ような決意がいった。<大それたこと夫がせり藪柑子>。そして俳人で妻の…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文653文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集