メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点へ・WBC侍たちの春

日本ハム・中田、振って振って

ロングティー打撃で打ち込む日本ハム・中田=2017年2月5日、沖縄県国頭村で神保忠弘撮影

 振って、振って、振っている。

 中田は日本ハム1軍キャンプ地の米アリゾナ州に行かず、2軍キャンプ地で調整を進める。環境の変化を気にせず、自分のペースを崩さないためだ。5日に終了した第1クールでは、バットを振ることに集中した。

 「ぶっちゃけ、量は思った以上に振れた。自分で決めたメニュー以上に振りました」。5日間でスイング数はどれぐらい?と尋ねると「それはそっちで数えてよ」と笑いつつ「2000は超えているんじゃないかな」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです