メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古移設

海上の本体工事に着手

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、防衛省は6日、埋め立てに向けた海上での本体工事に着手した。陸上部に続いて初めて海上でも工事を実施し、移設問題は重大な局面を迎えた。沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は移設阻止に向けて徹底抗戦の構えで、国と県の対立はかつてないほど深刻な状況となっている。

 翁長知事は埋め立て承認処分の「撤回」を検討するなど知事権限を使って抵抗する構えで移設計画の行方はなお曲折が予想される。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1126文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トルコ沖地震死者20人に ギリシャ・サモス島でも2人死亡 救助活動続く

  2. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです