辺野古移設

海上の本体工事に着手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、防衛省は6日、埋め立てに向けた海上での本体工事に着手した。陸上部に続いて初めて海上でも工事を実施し、移設問題は重大な局面を迎えた。沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は移設阻止に向けて徹底抗戦の構えで、国と県の対立はかつてないほど深刻な状況となっている。

 翁長知事は埋め立て承認処分の「撤回」を検討するなど知事権限を使って抵抗する構えで移設計画の行方はなお曲折が予想される。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1126文字)

あわせて読みたい

注目の特集