メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堺ガールズバー経営者殺害

元店員、殺人罪のみ無罪を主張

和歌山地裁で差し戻し審の裁判員裁判初公判

 堺市のガールズバーで2013年、経営者の宋正幸さん(当時45歳)を絞殺し、和歌山県日高川町の山中に遺体を遺棄したとして殺人や死体遺棄などの罪に問われた元店員、小松弘隆被告(26)の差し戻し審の裁判員裁判初公判が6日、和歌山地裁(石川恭司裁判長)であった。小松被告は死体遺棄罪などを認めた上で、改めて殺人罪についてのみ無罪…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです