メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 中原一歩さん

「夢遊病者たち」=宮武祐希撮影

 ■私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝 中原一歩(なかはら・いっぽ)さん 文芸春秋・1620円

 鮮烈なエピソードから始まる。ピースボートのスタッフだった1990年代後半、テレビの中でしか知らない小林カツ代さんに、年越しの船上で黒豆を炊いてもらうことを思いつく。当時、20代初めの若造。「手紙を書いてお願いするなんていう礼儀を知りませんでした」と、いきなり電話をかけた。「面白いわね。私、行くわ」。間髪入れずに返ってきた声に驚いた。人気料理研究家との十数年にわたる付き合いがスタートした。

 「新しい世界に自分の力でこぎ出す行動力があった方でした。『どんな所へ連れて行かれるか』という不安に、好奇心が勝ったのでしょう」。そんなスピリットの源流は、カツ代さんの生まれ故郷の大阪・堀江にあるという。実家は製菓材料の卸問屋。「ミナミを支える堀江の商人には、新しいものを生み出すパイオニア精神があふれていた。その血脈を受け継いだ」

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

  5. 新型コロナ感染の大阪・毎日放送役員が死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです