メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第71回毎日映コンの顔

/3 西川美和/中条あやみ/毎熊克哉

西川美和さん=長谷川直亮撮影

 ◆監督賞 西川美和 「永い言い訳」

設計図を再構築

 中年の人気作家が、冷え切った仲だった妻の突然死に直面し、自身の心の空虚さにうろたえる。人間の内面を深くえぐった演出が評価されたが、「今回はキャスティングが占める割合が大きかった」と主人公の幸夫を演じた本木雅弘や、共演の竹原ピストルら出演者をたたえた。

 自身の小説をもとに脚本を書き、映画化した。「小説は半ば楽しみのように書いているけど、小説と映画でできることは違う。小説で書いた設計図を生身の俳優に合わせて再構築するのが私の作業だった」

この記事は有料記事です。

残り1989文字(全文2233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです