メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年・17年とうほく

内陸部の復興住宅、初募集 県や花巻市など109戸分 13~24日 /岩手

 東日本大震災で被災し内陸部へ避難した人のため、盛岡市などの内陸部で整備を計画している災害公営住宅(復興住宅)の一部の建設場所が決まった。県などは、整備予定の全291戸のうち計109戸について、13日から仮入居の募集を始める。内陸部の復興住宅での募集は初めて。【佐藤慶】

 募集するのは、県営が盛岡市の備後第1アパート(50戸)と一関市の駒下アパート(20戸)。市営が花巻市の(仮称)花巻上町アパート(25戸)など3団地。

 内陸の復興住宅への入居について、県は昨年1月から県内外に避難する2326世帯を対象に意向調査してい…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです