メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無人補給機

宇宙飛行士も笑顔 大子の「秋映」好評 運んだ「こうのとり」大気圏へ /茨城

日本の無人物資補給機「こうのとり」6号機の任務終了を受けて記者会見する宇宙航空研究開発機構の前田真紀フライトディレクター(左)=つくば市千現2で

 昨年12月に大子町産のリンゴなどを国際宇宙ステーション(ISS)に届けた日本の無人物資補給機「こうのとり」6号機が6日未明、役目を終えて大気圏に突入した。機体はほぼ燃え尽きたという。

 6号機は昨年12月9日に鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げられ、13日にISSへのドッキングに成功。宇宙航空研究開発機構(JAX…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  5. 「三気の魂」再びここから 地震で半壊、鵡川高の新野球部寮完成 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです